【脱初心者!】バーベキューで簡単に炭に着火する方法とは?

みなさん、バーベキューは好きですか?
庭やキャンプ場、海でなんかもいいですね。

家族や友人たちとワイワイやるのって、楽しいですもんね。

でもバーベキュー初心者の方は、うまく炭に火を付けられるだろうかと心配をしている方もいるかもしれませんね。
うちの主人も若いころ、初めてバーベキューをやったときはなかなか火が付かなくて焦ったそうです。

でもコツさえ掴めば、炭に火を付けるなんてすごく簡単なんですよ!

バーベキュー 炭 着火

このページはまだバーベキューをあまりしたことがなくて、炭に火を付けられるか心配している方に是非読んでいただきたいです。

友達や彼女、子供たちの前で、手際よくサッと炭に火を付けてカッコイイ姿をアピールしましょう!


スポンサーリンク




定番の着火剤を使った方法!簡単に火を付けるポイントは?


まずは定番の着火剤を使った方法をご紹介します。

着火剤とは、火がつきにくい練炭や木炭に、火をつけやすくするための助燃剤のことです。
メタノールをゲル化したものなどがあります。

適当に着火剤の周りに炭を並べたりするだけではなかなかうまく火が付きません。
これにもちゃんとしたやり方やコツがあるんですよ。


ゲル状の着火剤を使って火をつける場合、まず大きめの炭を2本、コンロの中央に寝かせて間を取って置き、炭に着火剤を塗り、その着火剤に火をつけます。

火がついたらこの2本の炭の上に渡すようにして、新たな炭を置いていきます。

中心が空洞になるように、漢字の井の字の形に置いていくのがポイントです。

火が燃えるためには酸素が必要です。

とくに炭は、植物の炭素部分だけが残されたものです。
炭素は酸素と結合することで熱を発生します。

炭を効果的に燃焼させ、熱を発生させるには酸素が必要なのです。
そのため炭同士を密着させるのではなく、すきまを作って酸素が供給されるようにしましょう。

火力を安定させるため炭を追加投入する場合は、火が付いた炭を囲むように炭を置きます。

このときも空気の通り道が確保できるように置いていきます。


着火剤が固形の場合は、まず着火剤をコンロの中に置き、その上に炭を重ねるように積んでいきます。

一旦火が付き始めたら、あとは頑張ってうちわで仰いで、酸素を供給しましょう。
日が付いた炭をうちわで仰ぐと、赤くボワーっと光ります。
これが火が付いているサインです。
下の方の炭に火が付けば、どんどんうちわで仰ぐだけで周りの炭にもどんどん火が付き始めます。


着火剤を使う場合にはちょっとした注意点もあります。
どのタイプの着火剤を使うにしろ、火をつけたあとに絶対に着火剤を追加投入してはいけません。
着火剤は火をつけやすくするために、揮発性や燃焼性が高くなっています。
火がついている状態で継ぎ足すと、炎が大きくなったり、着火剤そのものが飛び散ったりします。

着ているものにも燃え移る可能性もあります。
危険ですので、着火剤の追加投入はやめましょう。



友人に教えてもらったお勧めの着火剤がこちらです。

■ファイアマックス 着火剤




チューブ式なので量を調節することができ、最後まで無駄なく使えます。
また飛散防止剤入りなので着火剤が周囲に飛び散りにくく、初心者の方でも安心して使えるのが特徴です。


上級編!着火剤がなくても簡単に火を起こす方法とは?


着火剤があれば、楽ちんに火をおこすことができますが、ここでは着火剤を使わない方法もご紹介しましょう。
用意するものは新聞紙です。

まず新聞紙を絞って、棒を10本ほど作ります。

炭のかけらを置き、その上に新聞紙の棒をやぐらのように重ねて積み上げ、漢字の井の形を作ります。
キャンプファイヤーみたいな感じですね。

さらに積み上げた新聞紙の周りに炭を立てかけていき、新聞紙を覆います。
このとき、井の形の中心部には炭を置きません。

そして、別の新聞紙に火を付けて、組み上げた井の形の中に入れます。
あとは待つだけです。

炭には無数の穴が開いているため、中には空気が含まれています。
この空気が断熱材の役割をし火種の熱が拡散するのを防いでくれます。

井の形にするのも空気の通り道を作るためです。
このふたつの利点を確保しているため、一度火種を投入したあとは、何もしなくてもよいのです。

分かりやすい動画がありましたので、ご紹介しておきますね。


動画:新聞紙を使って簡単に炭に火をつける方法(YouTubeより)

着火剤を使わずに、火を付けることができたら結構カッコイイですからね。
ぜひ試してみてください。


火をつけやすい炭ってある?


炭にもいろんな種類があって、中でも火をつけやすい炭をご紹介しましょう。

■土佐木炭



この炭は特に火付きがよく、バーベキュー初心者の方には人気の炭です。
以前、失敗談なんですが、備長炭がとても火力が強い!と聞いたので、全く無知な私達は備長炭でバーベキューをしたんです。
でもこれがなかなか付かない!
あとで知ったのですが、備長炭は火付きが非常に悪いんですね。
一旦付いてしまうと十分な火力が保たれるのですが…。

ですので、この黒炭で火を起こしてから、上に備長炭を並べるのがいいでしょう。


スポンサーリンク




最終手段!トーチバーナーを使って簡単着火!


最後の手段というかとっておきの方法なんですが、バーナーを使って火を付ける方法もあります。
バーベキューコンロに炭を並べて、直接バーナーで直接炭を炙る方法です。

バーベキュー 炭 着火

着火剤も新聞紙も木も要りません。
一つ大きめの炭に火が付いたらあとはうちわでひたすら仰ぐだけ。

バーナーと言ってもそんなに大きいものではありません。
バーベキュー用のハンディタイプのもので十分です。

■イワタニ カセットガストーチバーナー




カセットコンロ用のガスで行けます。
ワンタッチで簡単に火が付きますし、もちろんですが、火力の調節も簡単にできます。

これひとつ持っておくと本当に便利です。
あっという間に火が付きますよ~。


まとめ


バーベキューの時ってなかなか炭に火が付けられないかも、と思いがちですが、コツさえ掴めばとても簡単です。
まず思い浮かぶのは着火剤を使った方法だと思います。
でもやり方を知らなければ意外とつかないので、ここでしっかり覚えてくださいね。

新聞紙や木を使った方法はできるととてもカッコイイですよ!


うちは今ではもっぱらトーチバーナーを使った方法です。
カセットコンロをよく使うのでガスは常に家にありますし、バーナーならホント楽々火が付きますからね!

是非是非、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ