鍋やフライパンにこびりついて取れない焦げの簡単な落とし方!

鍋やフライパンにこびりついてしまった頑固な「焦げ」
思わず金属のたわしでごしごしと擦りたくなりますが、ちょっと待って下さい!

ごしごし擦らなくても簡単に取れる方法があるんです。
鍋やフライパンの素材によってはごしごし擦ってしまって、傷がついたり表面のコーティングが剥がれたりしていいことありません。


お鍋やフライパンの素材ごとに頑固な焦げを綺麗に簡単に落とす方法をご紹介していきたいと思います。


スポンサーリンク




鍋やフライパンにこびりついた焦げはこうやったら簡単に落とせる!


それでは鍋やフライパンの材質別におすすめの焦げ落としの方法をご紹介していきましょう。


テフロン(フッ素)樹脂加工のフライパン





一般の家庭で使われているもっともポピュラーなフライパンがテフロン樹脂加工がされたフライパンだと思います。
テフロン(フッ素)樹脂加工のフライパンは、空焚きや金属たわしで擦ったりなどのやり方をするとせっかくのコーティングが剥がれる原因になります。

テフロンの場合は一番有効な方法は水を張って沸騰させるやり方です。
沸騰したら加熱をやめて、一晩置いてからスポンジで擦りましょう。
なるべくやわらかいスポンジがいいでしょう。

こする時はクレンザーや重曹を使っても大丈夫です。


ステンレス鍋・ホーロー鍋








ステンレス鍋、ホーロー鍋に有効な方法は重曹を使った方法です。
焦げが隠れるくらいに水を張り、重曹を大さじ1杯か2杯入れます。
水の量に対して重曹の量は適当に調節してください。
そこまで厳密に計らなくても大体で大丈夫です。

重曹を入れたら沸騰させて、泡が無くなったら火を止めます。
お湯が冷めてからスポンジで軽く擦りましょう。
驚くほど簡単に焦げが落ちますよ。

ステンレスは錆びにくい材質で、傷つきにくいと思われがちですが、実は傷は付きやすいのです。
またホーロー鍋も表面にガラスのコーティングがされているので、傷には気をつけたい所です。
絶対に金属たわしやヘラでこすらないようにしましょう。


アルミ鍋





アルミという素材は、軽い代わりにいろんな物質と化学反応を起こしやすく、少々厄介です。
サビ防止のために皮膜を張っているのですが、金属たわしでごしごし擦ると皮膜が削れてしまうので絶対に止めておきましょう。

アルミ鍋の焦げ付きには酢が有効です。
クエン酸、もしくはレモン汁などでも代用できます。

焦げが隠れるくらいまで水を張り、酢を大さじ1杯か2杯入れます。
酢の量は大体で構いません。

酢を入れたら火にかけて、沸騰したらとめます。
そのまま一晩おいて、次の日にスポンジなどでこすります。

アルミ鍋はアルカリ性に弱いという性質があるので、重曹を使うと化学反応を起こし、黒ずんでしまうことがあります。
アルミには酢を使うようにしましょう。


土鍋





土鍋はよく焦げ付きます。
水を沸騰させて冷ましてからスポンジでこすると大体落ちますが、ひどい焦げの場合は重曹や酢を使う方法でもOKです。

また、卵の殻を使って磨くときれいに落ちるということもわかっています。
不思議ですが、一度試してみてください。


鉄鍋・鉄製フライパン





中華鍋に代表される鉄鍋・フライパンの焦げを落とす方法は焦げをさらに焼く方法が有効です。
フライパン、もしくは鍋に火をかけて、空焼きの状態でして焦げをさらに焦がします。

冷めたら金属製のヘラでこするだけで簡単に取れます。
この方法は鉄製の鍋やフライパンならではの方法です。

少々の焦げ付きなら重曹を振ってたわしでこするだけでも取れます。


銅製の鍋





銅製の鍋の場合は簡単で、水を沸騰させて、焦げをふやかせて、スポンジで擦るだけできれいに落ちます。

しかし銅製の鍋はちょっと注意が必要で、変色のおそれがあるので重曹はNGです。
また、素材が柔らかいので金属たわしやヘラもNGです。


スポンサーリンク




こんな方法もあるの?焦げを落とすちょっとした裏ワザとは?


大体重曹や酢、水を沸騰させる方法で焦げは落ちるのですが、こんなやり方もあるの?っていう方法をご紹介したいと思います。
これがなかなかに効果的な方法なので、是非試してみてください。


タマネギの皮を煮る


鍋 焦げ 落とし方

玉ねぎの一番外側の茶色い薄皮の部分を残しておいて、水と一緒に入れて火にかけます。
大体、たまねぎ2個分ぐらいあればいいでしょう。

沸騰したら、お湯とタマネギの皮を捨てて、後は普通にスポンジと洗剤で洗うだけです。
これだけで驚くほど綺麗に焦げが落ちるんです。

これは、なんでもドイツに古くから伝わる方法らしいです。
野菜の廃材を使うので、お金もあまりかからず、しかも天然素材を利用しているので、エコにもなりますよね。

今タマネギの皮あるわ♪という人は是非一度試してみてくださいね。


天日干しにする方法


鍋 焦げ 落とし方

まず鍋を洗い、よく乾かします。

焦げの部分に太陽光が当たるようにして、一週間放置します。
雨の日は家の中に入れるようにしましょう。

雨が降ってきたら、家の中に入れ、
晴れたらまた放置します。

一週間後、焦げ部分をこそげて取ります。
かさぶたが取れるようにびっくりするぐらい簡単に頑固な焦げが取れてしまいます。
これぞ生活の知恵ですね。

ホーローやアルミなどを擦るときは柔らかいシリコンヘラや木ベラ、スポンジなどを使いましょう。


まとめ


焦げは基本的に沸騰させるか重曹、酢が効果的のようですね。
重曹は鍋やフライパンの材質によっては変色など向かないものもあるので、事前に確かめてから試してみてくださいね。

タマネギの皮や天日干しの方法も効果があります。
まさに目からウロコでした。
是非参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ