ムカデを退治する方法!家の中に出たムカデを駆除したい!

蒸し蒸しする梅雨の夜。
ふと目覚めると寝室である和室の障子に月明かりに照らされて何やら細長い影が…。


その正体はなんと「ムカデ」
思わずギャーッと叫び、家族をたたき起こし、家中が大パニックに!!!


ムカデ 退治 方法


虫が苦手な主人は逃げ惑い全く役に立たず、子供が刺されでもしないかと冷や汗ものでした。
結局大騒ぎする家主には目もくれず、ムカデはどこかに消えてしまっていました…。


みなさんは、こんな経験ありますか?
田舎の出来事かと思いきや、都会でも結構ムカデ被害に悩んでいる方は多いと聞きます。


こんなことではおちおち寝てもいられません!
安眠の日々を取り戻すぞー!!!

ということで、うっかりムカデに遭遇してしまった場合の対処方法や二度とムカデと遭遇しないためにする方法など、家庭で実践できるムカデ対策から、プロの業者に頼んだ場合の効果や気になる費用について調べてみましたのでご紹介します。


スポンサーリンク




そもそもなぜムカデが室内にいるの?ムカデはどういう場所を好む?


まずはここをきっちり押さえておかないと、ムカデとの戦いは始まりませんよね。
野生でのほほんと暮らしてくれればいいのに、なぜわざわざ住宅内へ進入してくるのでしょうか?


ムカデは乾燥にとても弱い生き物です。
そのためジメジメとした湿った場所が大好き。
特に梅雨時期で湿気が溜まりやすい家の中に出やすいのだとか。

それに加えて、ムカデの好物はあの恐怖の生物「ゴキブリの卵」!!
それを食べるために、家に入ってくることもあるそうです。
なんとも恐ろしい話ですね。


ムカデの活動時期っていつ?よく見かけるのは?


ムカデは春から秋にかけてよく見かけるようになります。
その中でも1年の内で一番活発に活動をするのは、5~6月9~10月です。

特に、ジメジメした湿気よよく好むので、梅雨時期によく姿を見ます。
梅雨の時期意外でも、長雨の後など玄関や家の周りが湿っているときは要注意です。

逆に、気温30度を超えるような猛暑日はムカデはおとなしくなりますので7~8月は控えめになります。

また冬になると冬眠します。


家の中に出たムカデを退治する方法


できることなら遭遇したくない、けれどうっかりムカデと遭遇してしまった場合どうすればいいのでしょうか?
市販のスプレーからバルサンや熱湯を使ったムカデを退治する方法を実際に試してみたので、ご紹介していきます。

ただし、もちろんですが、ここで紹介する方法は、実際に姿を見せたムカデを退治することのみです。
バルサンはある程度隠れたムカデを退治することができるかもしれませんが、完全ではないです。

これだけで完全に駆除するのは到底できないので、根本的な解決にはなりません。
あくまでもその場の対策です。


まずはお手軽に!おすすめの市販の薬剤、スプレー


ムカデと遭遇してしまった時、どんな攻撃が効果あるのでしょうか?
なるべくスリッパや丸めた新聞紙でたたく、といった原始的な方法は使わず手軽に駆除したいところです。


調べてみると、殺虫剤タイプ、瞬間冷却タイプなど実に様々な種類があります。
スプレータイプは、見つけた瞬間にシューッ!っと噴きつけるだけ、という手軽さと、
これがあればいつ現れてもなんとかなるだろう、という安心感が得られるようです。


ということで、我が家オススメの商品を紹介したいと思います!
それは、こちら!

■瞬間凍殺ジェット 這う虫用



この商品は、-85℃の超冷気によって一瞬で虫を凍らせて殺してしまう、という優れものです。
殺虫剤タイプの場合は、噴射した箇所のベタつきや匂いが気になったり、小さい子供、赤ちゃんがいたり、ペットを室内で飼っているお宅にとっては殺虫剤成分が心配でもあります。

このスプレーの最大のメリットは殺虫剤不使用!という所で、これはかなりポイント高いと思います。

実際使用してみた感想としては、まずかなりの勢いで噴射されます。
そして本当に一瞬で凍りますのでしっかりと駆除することができます。
(ビビリな私はしつこく5秒以上噴射してますが…汗)


一家に一本、備えあれば憂いなし!
ということで、常に常備しておくと良いでしょう。


ちなみにムカデだけじゃなくゴキブリ駆除にももちろん使えます。
この安心感、たまりませんね~。


バルサンを使って駆除できる?バルサンのメリット・デメリット


どこに潜んでいるのか分からないのがムカデの恐ろしいところ。
戸棚の隙間や布団の中(!!)など、ありとあらゆる場所から突然現れるのには、心臓がいくつあっても足りません。
小さな子供やペットがもし刺されてしまったら…。
そう思うと心配ですよね。

室内に潜む害虫の駆除、というとまず思い浮かぶのは「バルサン」ではないでしょうか?
調べてみたら、ありましたよ、ムカデ専用バルサン!!!


■バルサン いや~な虫




なんといってもそのメリットは、一度で多くのムカデを駆除できる!という点です。
殺虫剤を混合した煙を充満させることにより、その効果には期待が持てそうですよね。


しかしながらもちろんデメリットも。
まずは、効果の持続性が非常に低いという点。
バルサンを焚いた後は必ず換気しなければならないのですが、それによって効果はほぼなくなってしまいます。

きちんと煙が届く場所にムカデがいた場合はそれなりに効果は期待できますが、家具の裏側など煙の届かない場所にいた場合は効果が得にくいようです。

また、殺虫成分の含まれた煙を部屋に充満させる際は、ペットはもちろん観葉植物・水槽などは必ず室外に出しましょう!
食品・食器・パソコンなどの電子機器も室外へ出すか煙がかからないようカバーをかけるなどの工夫が必要です。
この手間が最大のデメリットと言えるでしょう。


こうしてみると、バルサンは効果はそれなりにあるのかもしれませんが、手間がかなりかかりますよね。
室内で大量にムカデを発見してしまったときなどの最後の手段にするのがオススメです。


熱湯を使った方法は効果ある?メリット・デメリットは?



市販品を使ったムカデの駆除方法をいくつか紹介しましたが、突然ムカデと鉢合わせ、スプレーもない!バルサンもない!
こんなときはどうしたらいいでしょう。


もしあなたのお宅のポットにお湯が沸いていたら、迷わず熱湯で駆除しましょう。
先に紹介した冷却の対極ですが、もちろんこちらも効果あります。

ムカデに熱湯をぶっかければ、一発で退治ができます。
メリットはもちろん、市販品が全く必要ないこと。

元はただの水なので床にぶちまけようが安心です。


周りに注意しながらムカデに向かってそのまま熱湯をかけるのが一番てっとり早いのですが、火傷をしてしまう恐れもありますし、濡らしてはいけないものが近くにあると出来ないので、その場合は以下の方法を試してみてください。


まずはバケツを用意し熱湯を入れる。
ムカデをトングや菜箸でつまんでその中へポイッ。一瞬です。
バケツがなければシンクの中でもOK。
周囲を汚すことなく駆除できます。


熱湯を使った方法デメリットとしては、トングでうまくつまめるか、つまむ勇気があるか。
これに尽きるのではないでしょうか。

とはいえムカデは基本的に動きが遅いので、女性でもつまむことは可能です!
いざとなれば家族のために頑張りましょう!!


もちろんですが、常にポットに熱湯があるお宅でないとこの方法は使えませんのであしからず。
まぁトングでつまめた時点でそのまま外に逃すだけでもいいような気もしますね。


スポンサーリンク




ムカデを家屋から完全に駆除する方法は?自分でもできる?業者・プロに頼むといくらぐらい掛かる?



1匹見たら10匹はいる、そんな恐ろしい噂があるムカデ。
ムカデは本来自然の中で暮らしている生き物です。

それがどこかから室内へ侵入し、私たちを悩ませています。
もう二度と遭遇したくない!完全に家屋から駆除する方法はあるのでしょうか?


そこでここではお金をかけたくないので自分でなんとか駆除ができるかどうかと、完全に確実に駆除したいので業者に頼む方法をそれぞれご紹介したいと思います。


自分でムカデを完全に駆除する方法


とにかくムカデを駆除するには、ムカデが家屋にいれなくなるようにすることを心がけます。
ムカデが侵入する家=ムカデにとって快適な環境ということは、ムカデに嫌われる家にすればいいんです。


具体的な方法として、ムカデが嫌がる薬剤(粉剤・液剤)を家の周囲に散布する方法があります。
粉剤は家の周りに、液剤は壁などに散布することで幅広くムカデの侵入を防ぐことができます。
薬剤には殺虫効果があるものもあり、これによって近づいてきたムカデを駆除する効果もあります。

注意点としては、人やペットが触らないように気をつけること。
小さいお子様がいる家庭ではオススメできません。


そして、やはりこれは完璧な方法ではありません。

密閉度が高い新しい住宅なら効果は望めるかもしれませんが、
昔ならではの古い日本家屋などでは隙間も多く、これだけで完全に駆除するのは難しいと言わざるを得ません。

そこで次はムカデ駆除の専門業者に依頼する方法をご紹介します。


ムカデ駆除の専門業者に依頼して駆除する方法



自分ではやっぱり限界があり、完全に駆除することは難しい場合は、最後の手段として、害虫駆除の専門業者に頼むという方法があります。

プロに頼むと本当に完全に駆除できるの?
プロの仕事の効果、費用は気になるところですよね。

まずはプロの仕事の内容を簡単に紹介したいと思います。

ポイントとしては、ムカデが近づかないような環境へと自宅を変えてくれるそうです。
これは期待できそうですね!


<ここが違う!プロの仕事内容>

・薬剤散布によって、今いるムカデを駆除
・ムカデが自宅に侵入することを防ぐための「ムカデ返し」などを取り付ける
・ムカデが侵入しやすいと言われる壁に、持続性のある駆除剤を設置する
・自宅の土壌をムカデが住みにくいものに変える

以上のような感じです。
あくまで一例に過ぎませんし、各業者ごとにノウハウを持っていますのでまずはどんな方法が自宅に合っているのかを相談するとよいでしょう。

しかしながら土壌まで変えてしまうとはビックリですね。
業者によっては、数年間の保障サービスが付いているものもあり、大変心強く感じます!

気になる駆除費用についてですが、これはそれぞれの業者の料金体系やお住まい環境にもよりますが大体相場として、10,000円~30,000円ほどかかるそうです。


まとめ


いかがだったでしょうか?
今回色々と調べてみた結果、ムカデ駆除に悩んでいる人は想像以上に多く、結局駆除しきれずに、泣く泣く引越しを決意された方もいらっしゃるようでした。

せっかく住み慣れた家を離れるのは辛い決断です。
そうなる前に、まずはご自身でできることから始めてみてはいかがでしょうか?

また、ムカデ駆除の専門業者に相談し、各家庭に合った対策方法を実施すればその効果はかなり期待できそうです。

小さなお子様やかわいいペットなど、ムカデ被害に合っては大変です。
大切な家族を守るためにも、今回紹介した方法をぜひ試してみてくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ