乾燥、風邪・・・喉がイガイガ痛い!喉の痛みを解消する方法とは?

風邪を引いた時に、私の場合はまず最初に喉が痛くなります。
ツバを飲んだ時に喉にちょっとした違和感が現れ、だんだんと痛みが強くなります。
そうすると、あ~これは風邪を引いたかもというサインになります。

喉 痛み 解消

また、特に乾燥する季節は朝起きると喉が痛い時があります。
この時は起きてしばらくすると治りますが、起きた時はものすごく痛いです。

今回は風邪や乾燥で起こる「イガイガした喉の痛み」を撃退できる方法をご紹介します!


スポンサーリンク




乾燥や風邪で喉が痛い!喉の痛みを解消する方法とは?


辛くて長引きそうな喉の痛み。
解消するには、痛くなりはじめに対処することが肝心です。


まずは温めてみよう


風邪の場合、初期症状の段階であれば、まだ体の免疫力もそんなに落ちていないことが多いです。
なので、痛みを感じたらすぐにこれから紹介する方法を試してみてください。

まずは首元・のど元を温かくすること。
マフラーを巻く、ストールを巻く、ネックウォーマーをするなど何でも構いません。

温めることで、喉に停滞している菌の繁殖を防ぐことができ、また炎症等を抑える効果もあるそうです。
非常に簡単な対処方法なので、まずはこれを実践してください!


喉の痛みを和らげるツボとは?


ツボも効果的です。
「風門(ふうもん)」というツボをピンポイントで温めるとより喉の痛みを軽減する効果を高めることができるます。

「風門」の場所は、背中にあります。
首を前に倒したときに、いちばんでっぱっている骨がありますよね。
それより2コ下の突起の骨を探します。
その骨から左右に指の幅2本分くらい離れた位置に「風門」はあります。

喉 痛み 解消

ツボを直接指で押して刺激して、血行を良くすることで温めてもいいですしカイロや蒸しタオルで「風門」を温めても効果は感じられます。

このツボを刺激すると、自律神経が整えられて喉の炎症がしだいにおさまっていきます。
早い人だとものの数分で効果を実感できることでしょう。
喉の痛み以外の総合的な風邪の症状を緩和することができるので、覚えておいて損はないツボだと思います。


喉の痛みを和らげるおすすめの市販薬


次に喉の痛み専用の薬を紹介します。
飲み薬タイプもありますが、喉に直接噴射するタイプの「のどスプレー」もおすすめです。

現在非常に多くの種類の薬・スプレーが市場には出回っています。
なので成分・味・値段などをそれぞれ比較してご自身に合った商品を使い続けてほしいと思います。


■ペラックT錠



配合されているトラネキサム酸という成分が喉の炎症を落ち着かせてくれる効果があります。
口内炎にも効くそうですよ!
のどの痛み用お薬では非常に強力な部類で、使用者の評判も良いみたいです。

ただ効き目がある分、副作用などが心配という声もチラホラ。
対象年齢が7歳以上ですし、あまりお子様にはおすすめできないかもしれません。


■パープルショット



アズレンという成分が含まれていて、喉の痛みの原因を解消してくれる喉に直接噴射して使うスプレータイプのお薬です。
こちらも先ほどのペラック同様、口内炎にも効果的だそうです。
効き目の評判もも上々なようで即効性のあるスプレーです。

ただ、味のまずさが天下一品なようです(笑)
いわゆる「薬品」の強~いあの味・・・苦手な方にはつらいかもしれませんね。


■プロポリススプレー



こちらも喉に噴射して使うタイプのもの。
味はハチミツ風味なので、お子さんでも安心して使うことができます。
プロポリスの殺菌作用で喉に付着した菌の働きを弱めて、痛みを軽減してくれます。

配合されている成分が天然由来の体にやさしいものばかりなので、妊娠中の方や子どもを持つお母さんたちに非常に人気のある商品です。

ただ即効性や強力さに関しては、あまり高いとはいえないスプレーです。
のどの痛み・炎症の「予防」に使うほうが適当かと思われます。

以上3点をご紹介しました。
気になる商品はありましたでしょうか?


スポンサーリンク




風邪や乾燥でなぜ喉が痛くなるの?原因・メカニズムを解説


喉の痛みが起こるメカニズムとは一体何なのでしょうか?

喉がイガイガして痛みを発症するだいたいの原因は「喉の炎症」です。
風邪にしても乾燥にしても喉が炎症を起こしているために痛みが発生します。


風邪の場合、ウィルスがのどや鼻の粘膜に付着し、そこから増殖していくことで症状が発生します。
風邪をひくとまず起こるのが免疫力の低下。
そこからさらにウィルスが拡大、リンパが腫れる、喉の痛みという順で進行していきます。

一度ウィルスが付着して増殖したのどは、炎症を起こしてしまいますから、そこからうがいしたり水分を補給して潤いを与えてももう遅いんですね。
やはり風邪に関しては予防と初期症状時の迅速な処置が大切になってきます。


また、朝起きて乾燥している時に喉が痛い、というのも炎症が原因です。
喉は粘膜によってウイルスや細菌から守っているのですが、鼻炎などで寝ている間にどうしても口呼吸になってしまったりすると、喉が乾燥します。

ですので、ウイルスや細菌が付着して喉に軽い炎症を起こすのです。
ただ、風邪と違い、乾燥による炎症はすぐに収まるのできちんと対処すれば痛みもすぐに引くでしょう。


まとめ


辛い喉の痛みを改善する方法をご紹介しました。
まずは温めることが効果があるんですね。

そして喉の痛みに効果があるツボも是非試してみたい所です。

それでも痛みが引かない時には薬に頼ってもいいのではないかと思います。
薬で喉の痛みを和らげることができれば、それはそれでいいですよね。

私は喉に直接噴射するスプレータイプの薬をよく使っています。
いずれにしてもご自分の体質に合った治療をしていくことが望ましいですね。

クーラーなどで喉を傷めることもあるので、夏も適宜、喉のケアをしてあげてくださいね!


こちらの記事もどうぞ
風邪を引いて咳がつらい!寝れない!咳を止める効果的な方法お教えします!
風邪や鼻炎で鼻水が止まらない!鼻水を止める効果的な方法とは?
風邪、花粉症、鼻炎・・・つらい鼻づまりを解消する方法とは?

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ