風邪や鼻炎で鼻水が止まらない!鼻水を止める効果的な方法とは?

ダラダラ流れてくる鼻水って本当に困りものですよね!
かんでもかんでも流れるように出てきますし。

うちの主人は風邪を引いたらとにかく鼻水がひどいと悩んでいます。
風邪なのか鼻炎なのかよくわからない時もあるようですが。

電車通勤なので特に電車内が困るみたいです。
その時は鼻にティッシュを詰め込んで、マスクで隠しているようですが(笑)

鼻水専用の飲み薬なんかも薬局にありますが、結構眠くなるし、できれば薬の力は頼らずに治してしまいたいですよね!
そんな方のために、だらだらと流れるように出てくる鼻水を止めるおすすめの方法をご紹介します。


スポンサーリンク




風邪や鼻炎で鼻水が止まらない人に!すっきり鼻水を止める方法


風邪や鼻炎、花粉症でダラダラ流れて止まらない鼻水。
すっきり止めるにはどうしたらいいのでしょうか?

鼻水 止める 方法

いくつかご紹介していきましょう。


うなじを温める方法


まずおすすめなのが、うなじ近辺を温めること。

首元には鼻の機能につながるツボや神経がたくさんあります。
ここが冷えていると、機能低下や不調につながっていくんですね。

なので鼻水が止まらなくて困ったときは、首のうしろ、「うなじ」を温めてみましょう!
温め方はなんでもOKです!
カイロを当てたり、ドライヤーで温風をかけたり、マフラーやストールを巻いてもいいでしょう。

これだけで鼻に関するツボが刺激されて、鼻水が劇的に改善していきます。
手間も時間もとらずに、思い立ったらすぐにできますし、まずはこの方法を試してみてください!


これだけで鼻水が劇的に止まる?口に水を含む方法


もう一つ、簡単でなおかつ効果的な鼻水の止め方をご紹介します。
それは「ほんの少量の水を口に含んで、そのままキープする」というもの。

え?これだけ?と思われる方もいるでしょう。
はい、本当にこれだけなんです!
しばらくすると、鼻水がすーっと消えていきます。

これはどんなことが鼻で起こっているかというと、鼻水として鼻から出ようとしていた水分が口に水を含むことによってそちらに誘導されていくらしいのです。

ただ、口には水が入っていますから口からは出ずにのどを通って、結局は胃の方へすとんと落ちていってしまうんだとか。
こんな簡単な方法で、ダラダラとたれてくる鼻水をスッキリ無くせるなんて、嬉しいですよね。

ポイントは、一度口に入れた水を吐き出さないで飲みこむこと。
少し気持ち悪い感じもしますが、慣れればどうってことないですので安心してくださいね。

半信半疑の方も、ぜひトライしてみてくださいね!


小さい子供の鼻水対策に


さていろいろな方法を取り上げましたが、大半のお母さんたちが悩んでいるのは「子どもの鼻水」についてだと思います。

子供って鼻をかむの嫌がったり、まだ小さいお子さんだと上手に鼻がかめずにすっきりとは行きませんよね。
薬もできれば飲ませたくないという親心もありますし。

そんなときは、子供用の鼻水吸引機がおすすめです。


■電動鼻水吸引器 メルシーポット S-502



うちはこの一つ前のモデルのS-501を使っているのですが、きっかけは小児科のお医者さんに勧められたからです。
今までは手動というか、口で吸うタイプの鼻吸い器を使っていましたが、やっぱり吸引力が弱く、全然取れないんですよね。

耳鼻科や小児科に連れて行くと、専用の電動鼻水吸引器でごっそり吸い取ってくれます。
その時に言われたのが、「多少強引でもいいので、鼻水はできるだけ吸ってあげて下さい」とのことでした。
確かに病院でも子供が泣こうが喚こうが一切お構いなしに鼻水を吸い取ってくれますし、電動なら一瞬で終わります。
そして、やっぱりすごく吸い取れるので楽になるんですよね。

という訳でうちも電動の鼻水吸引器を導入してみたのですが、今でも吸う時はすごく泣きます。
でも心を鬼にして、頭を動かないように固定して、吸ってあげます。
吸引力が強いので一瞬でスッキリ吸い取れますし、吸い終わると呼吸も楽そうになります。

この商品はノズルもシリコンだし、吸引力の調節もできるので、すごく気に入っています。
少々高額ですが、買って絶対に後悔しないと思います。

今では小学校のお兄ちゃんもあまりに鼻水がひどい時は使っています。

是非試してみてくださいね。


スポンサーリンク




なぜ鼻水が出るの?透明のサラサラ鼻水、ドロッとした鼻水はどう違う?


ところで、鼻水が出るのはなぜなんでしょうか?
それは人間の体が本来もっている防衛反応に答えがあります。

鼻の粘膜にウィルスや細菌が付着すると、鼻の繊毛がそれを敏感に感じ取ります。
その異物たちを排除しようと、鼻へは水分が集まってきます。
この生成物が鼻水と呼ばれているもの。

つまり体は「鼻水」によって、水分ごと異物を体外へ排出しようとしているのです。
これが鼻水が出てくるメカニズムです。

ここでひとつ疑問が。
鼻水っていろんなタイプがありますよね?

サラサラしたもの、どろっとしたもの、透明なもの、黄色いもの・・・
この違いは何なのでしょうか?

サラサラで比較的透明な鼻水、これはアレルギー反応によって生成されたものです。
花粉、ほこり、ハウスダストなど・・・こういった異物に対する抗体が働いている証拠。
この症状は「アレルギー性鼻炎」ともいいます。

そして黄色いどろっとした鼻水、こちらはウィルス感染によって発生する鼻水です。
要は風邪なんかで出てくる鼻水ですね。
体調不良に伴うものです。

はじめは水っぽいのですが、だんだんと粘度を増していきます。
熱や咳もいっしょに出てくる場合が多いです。
ひどくなる前に病院へ行くのが得策かと思います。


鼻水の種類によって、ご自身の体がどんな症状に陥っているのかしっかり見極められるようにできるといいですね!


まとめ


ダラダラ鼻水の対処法、探してみるとけっこういろいろあるんですね!
お金も手間もかけないで改善できるなら、それがいちばんベストな方法です。

最近は「鼻セレブ」のような、潤いローションが入ったティッシュなど販売されています。
なので以前よりは鼻をかんで、鼻の下がガビガビになってしまった・・・
ということは少なくなった印象です。

ただしつこい鼻水はすぐに治したい!
仕事や家事などの作業にまったく集中できなくなりますし・・・

そんなときはご紹介した方法を試してみてください!


こちらの記事もどうぞ
風邪を引いて咳がつらい!寝れない!咳を止める効果的な方法お教えします!
乾燥、風邪・・・喉がイガイガ痛い!喉の痛みを解消する方法とは?
風邪、花粉症、鼻炎・・・つらい鼻づまりを解消する方法とは?

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ