米のとぎ汁活用法!料理や掃除、肥料や美容にも効果あり!?

最近は無洗米が主流になってきましたよね。

一昔前までは、お米をといで炊飯が当たり前でしたが最近の若い子の中には「お米ってとぐものなの!?」なんて言ってる子もいるんです!

それくらいお米の「とぎ汁」にスポットライトが当たることがなくなってきました。
実はこのお米のとぎ汁というのはすごく優秀で、捨てるにはもったいない効果がやまほどあるんです。

米 とぎ汁 美容

今回は、そんなお米をといだ時に出るあの白濁とした「とぎ汁」をうまく活用する方法をご紹介しちゃいます!


スポンサーリンク




お料理に活用!おいしい晩御飯をつくりましょう


まずはじめにご紹介するのは、お米のとぎ汁を料理に使う方法です。
お料理上手の方・好きな方は、たくさん活用していつもの夕飯をレベルアップさせちゃましょう!

さて、ではお米のとぎ汁はなにに使えるのか?
実はお野菜のアク抜きに使うことができるんです。

アクの出やすい野菜といえば、大根、にんじん、ゴボウ、タケノコなんかも出やすいですね。
これらを下茹でする際に、お米のとぎ汁を利用することでエグみをしっかり取り除くことができ、旨味を引き出すてくれるのでたいへん便利なんです。

米 とぎ汁 美容

アク抜きには本来米ぬかが良いと言われていますが米のとぎ汁でも十分に代用できるんです。
また大根なんかは、とぎ汁で下茹でをしておくと味が染みやすいので、おでんを作る時にはとても便利です。


アク抜き以外にもとぎ汁の良いところは、食材のもつ独特の臭みも取り除くことができるところ。
なので肉の下茹でにも活用する主婦も多いんです。

たとえば角煮なんかは豚肉をお米のとぎ汁であらかじめサッと湯通ししておくといい感じに脂も抜けて、臭みもなくなるんだとか!
お肉は若干上級編なので、まずは野菜のアク抜きから挑戦して見て下さいね。

ここでひとつ注意点が。
アク抜きに使うとぎ汁は、必ず2回目以降にといだものにしてください。

なぜかというと、1回目のとぎ汁にはお米についていたほこりやゴミが混ぜっていてあまり衛生的とは言えないからです。
アク抜き・下茹でに利用する・・・といっても、最終的には口に入れるものですからやはり衛生面は気をつけたいですよね!

水道代の節約にもなる、このお米のとぎ汁の利用方法。
明日からすぐにできます!
ぜひお試しあれ!


お花に家庭菜園に!とぎ汁で栄養を


次にご紹介したいのは、とぎ汁を庭の水やりに有効活用する方法です。
これはけっこう有名な活用方法かもしれませんね。
テレビのバラエティー番組などでもたびたび紹介されています。

最近は家庭菜園をつくって熱心に野菜や花を育てている方も増えているそうです。
なので、なおさらお米のとぎ汁の活路が見いだせてきますね。

やり方は読んでそのまま、水やりのじょうろにお米のとぎ汁を加えるだけです!
原液だと濃すぎるので2倍に薄めて使うのがベストです。

米 とぎ汁 美容

お米のとぎ汁には炭水化物・脂質・ビタミン・ミネラルなどが豊富に含まれています。
なので花や野菜の成長にはもってこいの栄養分なんですね~。

しかし毎日あげる必要はなく、1~2週間に1回程度で十分だそうです。
あまり頻繁にあげすぎると、アリが大量に発生したりすることもあるようなので、その点は注意してあげましょう!


お米のとぎ汁でお部屋がピッカピカ!?


意外なお米のとぎ汁の使い方があります。
それは、部屋のフローリングのワックスに使う方法です!

米 とぎ汁 美容

「え?とぎ汁がワックスになんてなるの?」
と半信半疑の方もいらっしゃるかと思いますが・・・

お米のとぎ汁には油分が含まれているので薄めて霧吹きに入れて、床にシュッシュッとすればかなりきれいになるんです!

床だけでなく、木製のものだったら柱でも壁でも家具でもどこにでも使えちゃいます。

100円ショップなどに売っている霧吹きに薄めずにそのままとぎ汁を入れて使います。
それがいちばん使い勝手がいいです。
ただでゲットできる床ワックス!
一度使って効果実感してみてくださいね♪


スポンサーリンク




美容効果も!?お米のとぎ汁で美しく


最後にご紹介すすのは、お米のとぎ汁をお肌のケアに使う方法です。
これも美容マニアの間ではけっこう知られている利用方法なんですよ!

米 とぎ汁 美容

お米のとぎ汁には、洗浄効果があります。
しかも化学的な成分は一切入っていないので、敏感肌・お子様の肌にも使えるくらい安心!

洗顔で使う際も、お米についている汚れや農薬が気になるので一回目のとぎ汁は捨てて、2回目以降にといで出た汁を使いましょう。

お米のとぎ汁は1.5倍~2倍に薄めたものを使ってください。
ぬるま湯で薄めたとぎ汁をつかえば、肌がすべすべになりますよ!

顔だけでなく、お風呂に入れて入浴剤として使用すれば体全体のケアにもなりますよね。
特にかかとの角質に効果バツグン!と評判も高いんです。

毎日出る、しかも今までは捨てていたお米のとぎ汁を使ってきれいになれるなんて、なんだかお得感満載ですよね!

あと、これは上級編ですが、オリーブオイルにお米のとぎ汁を混ぜて手作りのマッサージオイルを作るのもおすすめです!
しっとりですべすべな肌が手に入ること間違いなしですね。


まとめ


お米のとぎ汁にこんなに幅広い活用方法があったなんて、まさに目から鱗が落ちそうです!

今まで捨ててきたお米のとぎ汁が本当にもったいない~!
もっと早くしりたかった!
なんて思っている方も多いのではないでしょうか。

お米のとぎ汁はペットボトルに入れて冷蔵保存もできますがなるべく早く使い切ったほうがいいそうです。

明日からすぐにできる、お米のとぎ汁活用術。
知らないお友だちには教えてあげてくださいね!

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ