二日酔いの不快な吐き気や頭痛をスッキリ解消する方法とは?

夏はビアガーデンなども開いて、お酒がおいし~い季節ですよね!
キャンプや野外への行楽へ行く機会も増えて、野外でアルコールを楽しんでいるっていう方も多いかもしれません。
冬は忘年会・新年会、春は歓迎会となんだかんだで1年中お酒を飲む機会というのはあるものです。

しかし!
お酒の飲みすぎには要注意です。

ハメをはずしすぎると、翌日辛い辛い反動が。
そう、二日酔いが待ち構えていますよ!!

二日酔い 解消 頭痛 吐き気

飲みすぎて、二日酔いでぐったりな体にはどんな対処法があるのでしょうか?


スポンサーリンク




二日酔いの吐き気や頭痛をすっきり解消する方法


二日酔いがいきすぎると、だるい気分を通り越して吐き気やガンガン頭痛などの症状も出てきて、本当につらいんですよね。

仕事に影響が出る前に、すっきり解消してしまいたい。
そんな方におすすめの方法を調べてみました!


まずは大事な水分・糖分の補給を!


まずまっさきに試してもらいたいのが、水分&糖分のW補給です。
アルコールを大量に摂取すると体に起こるのは、脱水症状なんです。
これによって肝臓にも悪影響が出てしまいます。

ポカリスエットやアクエリアスなどの市販のスポーツ系飲料水で水分と糖分をしっかり体にチャージしてあげると、体内の水分不足が解消されて、内臓の負担も少なくなります。

水道水だけではだめな理由があります。
それは、ただの水ではミネラルの補給ができないからです。

ポカリ・アクエリなどのミネラルウォーターでちゃんと水分プラスアルファを補給しないと二日酔いの悪い症状は軽減していきません!

これをしっかり念頭に置いておきましょうね。


効果絶大!二日酔いに効く食材とは?


二日酔いにおすすめの食材というのもあります。
最も効果的なのはしじみです。

二日酔い 解消 頭痛 吐き気

貝類にはタウリンという成分がたくさん含まれているのですが、これが肝臓の働きを正常化する効果を発揮してくれる優れものなんです。

しじみ汁やお味噌汁なんかにすると食べやすいし、効果的にタウリンを摂取できるのでおすすめです。
また、しじみ以外でしたらあさりなんかでも代用OKです。

飲みすぎた翌日の朝食は、ぜひしじみ汁をすすってから出勤してみてください。
体の奥の方からムカムカが解消されていくはずです。

今はしじみエキスたっぷりのサプリメントなんかも市販されているんです。
それがこちら

■しじみエキス粒




いくらしじみやあさりが二日酔いに効くと言っても、なかなかすぐに、じゃあしじみ汁を飲もう!とはいかないですよね。
でもサプリメントでしたら、いつでもどこでも手軽に飲むことができます。
忙しいサラリーマンやOLには大人気の商品なんです。
ぜひお試しあれ!


すぐ出来る!二日酔いに効くツボとは?


すぐに食材やサプリメントを用意できないとなると、二日酔いに効くツボを押すというのもおすすめの解消法です。

まずは期門(きもん)というツボ。
乳頭の真下に位置していて、肋骨に交わるポイントがこの期門の正確な場所です。

二日酔い 解消 頭痛 吐き気

二日酔い後に押してもいいですが、飲み始める前に刺激するとより効果的です。
「今日もしかしたら無理しちゃうかも・・・」という予感がしたら飲み会前に、ささっとツボ押しておくといいでしょう。

もうひとつ、健理三針区(けんりさんしんく)というツボもあります。

二日酔い 解消 頭痛 吐き気

手のひらのほぼ真ん中に位置しているのがこのツボ。

ほんのり赤くなるまで押すのがいいようです。
かなり強めに刺激しちゃっていいみたいですね。
少し痛いかもしれませんが、ぐっとこらえて押してみてください。

手のひらなので、先ほど紹介した期門よりも押しやすい場所かもしれませんね。
覚えておいて損はないと思います!

どちらも肝臓の働きを促進して、アルコールの分解を活発にするようなツボなんだとか。
飲み始める前か、二日酔いになるかもなーと感じはじめたら、すぐさま実践してみてください。


スポンサーリンク




そもそも二日酔いとはどういう状態なの?なりやすい人とは?


二日酔いになっているときって、体の中ではどんなことが起こっているのでしょうか?

本来アルコールは肝臓で分解をします。
しかし肝臓の分解機能の限界値以上のアルコールが体内に入ったとき、「アセトアルデヒド」という成分が体内に残ってしまいます。

このアセトアルデヒドは、有害な物質です。
これが体内にある状態だと、吐き気・頭痛・動悸などを引き起こしていきます。

つまり、体の限界値を越えたお酒を摂取すると有害物質が体内に残りっぱなしになってまい、その結果二日酔いの症状が出てくるというメカニズムなんですね。

肝臓でアルコール成分を分解するのは酵素なのですが、この酵素の活性の度合いがお酒の強さを決めると言われています。
よく活性する人はなかなか酔わない、すなわち「お酒に強い人」ということです。

なので二日酔いになりやすい人というのは、酵素が不活性気味な体質であるということになりますね。

この酵素の活性は、遺伝で決まってしまうのです。
なのでお酒の強い・弱いは本人の意思とはまったく無関係で且つ生まれ持ったものなので、変えようがないんです。

プラスアルファで、ストレスが過剰にかかった状態だと肝臓の機能も落ちてくるそうです。

よって、二日酔いの症状にも見舞われやすいということになります。
要注意してくださいね!


まとめ


二日酔いってほんとうに辛いですよね。
わたしはまだしじみ汁は好きでよく飲むのですが、これが二日酔いに効くなんて知りませんでした。
口コミによると、そうとう効果を感じられるそうです!
是非試してみてください。

お酒の強さも遺伝で決まってしまっているようなので、やはり自分がどれくらいの量飲んだら悪酔いしてしまうのかをしっかり把握しておくことが大切ですね。

周りに迷惑をかけないよう、そして自分の体をいたわりながらお酒と上手に付き合っていきましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ