重曹&クエン酸でお風呂を丸ごとピカピカにする掃除方法とは?

毎日の日課であるお風呂掃除ですが、欠かさず掃除しているはずなのに、なぜかこびりついて落とせない汚れが出てきちゃうんですよね。

重曹 クエン酸 掃除 風呂

黒ずみや垢、風呂用洗剤でこすっても落ちが悪い。
そんな風にお悩みの方には、重曹&クエン酸のコンボがおすすめです。

今回は重曹とクエン酸をつかったお風呂掃除のやり方をご紹介します。
効果を知って、ぜひお風呂掃除マスターになってくださいね。


スポンサーリンク




重曹&クエン酸でお風呂丸ごとピカピカにする具体的な掃除方法とは?


重曹・クエン酸掃除のいいところは、もちろん洗浄力にもあるのですがやはり人体に害がないことがメリットです。

市販の洗剤は強力であればあるほど、化学薬品の濃度も濃いのです。
これは人体のみならず、環境にも非常に悪影響です。

その点重曹やクエン酸は、人体・環境にもやさしく使うことができます。
これはありがたいですよね。

さて、まずはどうして重曹とクエン酸がお掃除に向いているのか?
これらの特徴・特性とともにご説明します。


重曹は弱アルカリ性という性質をもっています。
なので油汚れに非常に強い、まさに掃除向きな性質なんですね。
油汚れだけでなく、手垢なんかにも効果を発揮してくれます。

さらに研磨作用も期待できます。重曹のツブツブが摩擦を起こして掃除している対象を傷つけることなくきれいに磨いてくれるのです。
加えて消臭効果もあります。
一石二鳥にも三鳥にもなるのがこの重曹です。


ただアルミ製品の掃除には使うことができません。
それだけはご注意くださいね。


そしてクエン酸。
クエン酸は重曹と逆で、酸性です。

酸性の特徴として、カルシウムが固まった汚れに強いというものがあります。
水垢・石鹸垢などがこれに該当します。
まさにお風呂の掃除にはぴったりなのがこのクエン酸なのです。

除菌効果もあるので、お掃除した場所は一定期間清潔に保たれます。
お風呂の「キレイ」を守ってくれる効果があるんですね。


重曹とクエン酸、この二つの異なった特性を生かしてお風呂の各場所に合った、さまざまなお掃除の仕方をすることができます。

まさに右手に重曹、左手にクエン酸、といった感じで効率よくそして的確に、汚れを除去していきましょう。

それではお風呂内の場所別お掃除方法を見ていきます。


お風呂の床・壁・天井


ここでは重曹を使います。

まずは掃除したい部分をシャワーをつかって濡らしていきましょう。
そこへ重曹をつけたスポンジを用意し、こすっていきます。
細かい部分は使い終わった歯ブラシを使うのがいいかもしれません。


洗ったらまたシャワーでさっと洗い流してください。
そしたら使い古したタオルなどを使って、浴室全体を乾拭きして水分をなくしてください。
ここで湿気が残っていると、あまりキレイに仕上がらないので要注意です。
換気扇などもフル回転させてください。
これで完了です。

重曹の力でコーティングされてますので、毎日ガッツリお掃除しなくても大丈夫になります。
カビ対策もこれでできると思います。
(すでに発生してしまったカビについては下記に別途記載しています)

ただお風呂に入り終わったらしっかり浴室を乾燥させてくださいね。


浴槽の中


浴槽には重曹・クエン酸のW使いをおすすめします。

まずは浴槽の外側やヘリです。
ここには重曹を使います。
さっと重曹をつけて、水分を含んだスポンジでこすってください。

水垢がついてザラっとしている部分は、とくによく磨きましょう。
最後は重曹が残らないように水できれいに流してください。


そして浴槽の中はクエン酸の出番です。
まずはクエン酸水というものを作ります。
250mlの水に対してクエン酸を大さじ2杯ほど加えて混ぜたものを100円ショップなどで売っているスプレー容器に入れます。
これでできあがり。

クエン酸の濃度は、汚れ具合によって調節してもらってOKです。
(浴槽汚れくらいなら上記の濃度で大丈夫です)

このクエン酸水を、浴槽の中へ適度にスプレーします。
しばらく放置したあとに、スポンジでこすると汚れがみるみる落ちてきますよ。
最後は汚れといっしょにクエン酸水も水できれいに洗い流してくださいね。

ちなみに、ゴムパッキンもクエン酸水スプレー&放置で汚れが落ちていきます。
試してみてください。


スポンサーリンク




排水口


ぬめりが気になる排水口も、W使いしましょう。
まずはフタを開けて排水口に直接重曹の粉をふりかけます。
そこへ温めたクエン酸(コップ1杯くらい)をザーっとかけてしまいましょう。

重曹とクエン酸が反応して、泡が出てきます。
数分したら洗い流します。これでぬめり知らずの排水口になるんです。
ニオイも重曹の消臭効果で気にならなくなるはず。


カビ


浴室の壁、天井やお風呂のフタに黒い汚れ・・・
もしかしてカビかもしれない!
そんなときは重曹を使いましょう。

重曹の粉に、水を少量加えてペースト状にします。
これをカビの部分に塗りつけて・・・できれば半日くらい放置してください。
最後はきれいに水で洗って乾燥させてくださいね。


まとめ


重曹もクエン酸も、本当に掃除にはもってこいですね。
こんなに便利で環境にもやさしいなら・・・もう洗剤いらずかも。
なんて思ってしまいますよね。

ただ使えない素材があるので、そのあたりは注意しないといけませんね。

クエン酸水はいつでも使えるように、常にスプレーで保存しておいてもいいかもしれません。
重曹とクエン酸で、お掃除上手を目指しましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ