まぶたがピクピク痙攣する原因と対策は?病気の可能性はある?

まぶた 痙攣 原因

最近まぶたがピクピクしてしょうがない
そんな症状にお悩みの方、いらっしゃいませんか?

まぶたがピクピクすると日常生活でも煩わしいですよね。
一刻も早く治したいところです。

まぶたが痙攣するのはいくつかの原因が考えられます。
そのままにしておくとまずい状況も少なくありません。

まぶたが痙攣するという方は、ぜひ対策をとりましょう。


スポンサーリンク




まぶたがピクピク痙攣する主な原因とは?


まぶたが痙攣するのは何が原因なのでしょうか?

まず考えられるのは目の疲れです。
眼精疲労がたまると、目の周りの筋肉や血管の働きが低下します。
このことによって、目の周り全体が痙攣動作を起こすようになってしまいます。

とくに現代人はパソコン作業やスマートフォンの操作をいった
目に非常に負荷のかかることに多くの時間を割きます。
これが目の痙攣を増長させている、と専門家は話します。


そして過度なストレスを感じているときも目のピクピクした症状は発症します。
ストレスによって目の周りの筋肉に対して、脳がうまく動作指示できない、そういったメカニズムによって目の痙攣が生まれるのです。

これらの原因にまったく心当たりがない、そんな方は「眼瞼痙攣(がんけんけいれん)」かもしれません。
眼瞼痙攣は、異様にまぶしさを感じる・まばたきの回数が異様に多いといったような初期症状があります。

本人の意思とは関係なく、まぶたが勝手に上下してしまうのが眼瞼痙攣です。
この症状を感じ取ったら、早めに医師にかかることをおすすめします。

眼瞼痙攣は最悪の場合、失明することもあります。


まぶたのピクピク痙攣を止める方法とは?


さて、こんな厄介な目のピクつきはどうやって抑えたらいいのでしょうか?

まずは目の疲れを癒すために、ホットタオルなどで目の周りを温めてください。
こうすることによって、血行が促進されて目の周りの筋肉もほぐれていきます。

目周辺にあるツボを刺激するのも効果的です。
目の疲れをとるツボは、眉毛の真上に位置しています。
指を使って痛すぎない程度に押しておげましょう。

そして食生活を改善するのもひとつの手です。
目の細胞・粘膜を正常に保つためにはビタミンAをしっかり摂取することが必要です。
ビタミンAは緑黄色野菜を中心に、豊富に含まれています。
まずは野菜ジュースからでもいいので、毎日ちゃんと摂るようにしましょう。

最近ではPC・スマホ用の度の入っていないメガネなども売られています。
これを着けることによって、目に有害なブルーライトをカットすることができます。
こちらもぜひ使用してもてくださいね。

ストレスが原因の場合は、いちばんいいのはそのストレス元を断つことです。
これによって目のピクつきはあっという間に改善すると思います。

それがなかなかできない、という場合は、食事をしっかり取る・運動で発散する・睡眠をしっかりとるといったようなことを心がけてください。


スポンサーリンク




まぶたのピクピク痙攣は病気の前兆?


前述したように、まぶたの痙攣はただの目の疲れ・ストレスの影響ではなく「眼瞼痙攣」という病気の可能性もあります。

この眼瞼痙攣は、目のピクつきからはじまって放っておくと人やモノにぶつかる、目を開けていられない、歩行困難に陥るなどといった重症になる場合もあります。

手遅れだと、失明もしかねないので早めに医師に相談することを強くおすすめします。

また、目の痙攣はだんだん顔全体に広がっていくこともあります。
これは「顔面痙攣」または「片側顔面痙攣」といいます。


これらすべての症状は、単純に目の機能不全ではなく脳の信号を送るシステムに不良があることがほとんどです。
脳内の運動を司る部分が何らかの形で機能障害を起こしています。

なのでそのままにしておいても、素人のセルフ治療でも改善は見込めません。
病院での詳しい検査や定期的なリハビリなどが必要になってきます。


まとめ


目がちょっとピクピクするだけ、なんて侮ってはいけません。
目の痙攣は放っておくとこんなにも恐ろしい病気を引き起こすことがあるというのが分かりましたね。

「眼瞼痙攣」だった場合やストレスが原因だった場合、すぐに完治させるのは難しいかもしれませんが根気よく改善していきましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ