人工甘味料は危険?種類別の特徴まとめました

人工甘味料 危険 種類

お菓子、ジュース、そしてジャンクフード、これらには人工甘味料が使用されていることが多いです。

人工甘味料の特徴は、自然から取れる糖分ではなく化学調味料でつくられていることです。
そのためふつうのお砂糖よりも廉価で購入できるため商品としてお客に安く提供できるます。

しかしこの人工甘味料、あまり多く摂取していると人体には悪影響を及ぼす可能性もあります。
そんな人工甘味料の特徴をまとめてみました。


スポンサーリンク




人工甘味料とは?主な種類と特徴


それでは市販の商品などによく使われている人工甘味料をその特徴とともにご紹介します。


スクラロース


この人工甘味料は砂糖の主成分であるスクロース(ショ糖ともいいます)の600倍もの甘味成分を持ちます。
一般的な自然から取れる砂糖との決定的な違いは体内で炭水化物として消化されない、そして吸収もされないということです。

スクラロースは代謝のエネルギーとして入り込むこともなく、分解されることもなく、24時間後には排泄されてしまいます。
そのため血糖値・インスリン値にはまったく影響は与えません。

ジュースや炭酸飲料、「カロリーゼロ」を売りにしている飲み物に多く含まれています。


アスパルテーム


スクロースの200倍もの甘味成分を持ちます。
こちらもノンカロリー・カロリーゼロを売りにしている飲み物やデザートに多く含まれています。

味の特徴ですが、甘味はそこまで強くありません。
後味もわずかで、砂糖の後味に近い柔らかさがあります。

他の人工甘味料や砂糖といっしょに併せて使用されることが多いのが特徴です。
併せることで、甘味が増したり砂糖の味により近くなったりします。


アセスルファムカリウム


スクロースの甘味の200倍ほどの甘味成分を持ちます。
本物の砂糖と比べて、後味に引きが少なくてあっさりしています。

「キレ」というと聞こえがいいですが、「若干苦みが残る」と感じる方も多いようです。
チョコレート、ココア、コーヒー、紅茶等に微量を入れることで風味を引き立てることができるようです。


総合するとやはり人工甘味料は後味が悪いという印象を受けます。
砂糖を使わないで、いかに甘くするか、という所ばかりに目が行ってしまいそうですが、あの味は合わない!という人も少なくないでしょう。


スポンサーリンク




人工甘味料の危険性は?


人工甘味料はカロリーが少ないなどのメリットもありますが、実は健康に危害を及ぼす可能性があることも留意しておかなければなりません。

まずスクラロースは、免疫機能を不全にする危険があります。
腸内に存在する良性な菌の半分以上を殺してしまうのがこのスクラロース。

人間の免疫というのは腸内細菌の80%が関係しています。
なのでスクラロースが良い最近を殺してしまうことによって、人間の免疫機能は低下の一途をたどってしまいます。


さらに良質な細菌が食べ物から栄養吸収を妨げることもあるのです。
せっかく栄養バランスのよく取れた食事をとっていても、スクラロースによって栄養がしっかり吸収できないという事態も出てきます。

その他の人工甘味料も、分解されにくい物質が多いので分解されることなく排泄物といっしょに出てきてしまいます。
このことによって、肝臓機能に支障がでたりする可能性もあるのです。

また人工甘味料の摂り過ぎによって、副作用も多く発症します。
うつ病、睡眠障害、偏頭痛、心臓発作など、これらの症状が出てきてもおかしくない、と研究機関は発表しています。


そして女性には気になる「ダイエット」との関係について。
人工甘味料はホルモンに影響を及ぼすことがあるので体内に脂肪を過度に蓄えてしまうこともあるそうです。

これは正確にはまだ研究途中の内容です。
「カロリーオフ商品は逆に太る」という決定的な研究結果は出ていないのですが気になる方は人工甘味料の摂取を控えたほうがいいかもしれませんね。


カロリーオフやカロリーゼロにこだわり過ぎてしまうがゆえに、カロリー以外の面でいろいろと問題がありそうですね。
やはり人工のものは健康への害や副作用というものが少なからずあるのです。


まとめ


何気なく普段から口にしていた人工甘味料でしたが、調べていくと「食べ過ぎは非常に危険」ということがわかりました。
「カロリーオフ」「カロリーゼロ」という謳い文句に誘われてついつい商品に手を伸ばしがちですがやはり考え直さなければいけないですね。

人工甘味料がたくさん含まれていないか、商品表示をよく見てから買うことをおすすめします。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ