戌の日の安産祈願|腹帯の意味とは?戌の日っていつ?初穂料とは?

戌の日 安産祈願 腹帯

妊婦さんにとって、いちばん願わしいのは安産ですよね。
不安もいろいろ多いとは思いますが、がんばって元気なお子さんを産んで欲しいと思います。

安産祈願へ行くご家族も多いと思いますが、安産にまつわるさまざまなことを今回はまとめてみました。
戌の日・腹帯・初穂料、それも普段は聞き馴染みがありませんが、どんなものなのでしょうか?


スポンサーリンク




戌の日の安産祈願|腹帯って何?どういう意味があるの?


まず「戌の日」についてご説明しましょう。
戌の日というのは、妊娠5ヶ月目に入った最初の戌の日に行う行事です。
母子の健康を祝うために、腹帯を締めて安産を祈願するといった内容。
戌のお産が軽いことから、それにあやかろう!ということではじまったとされています。

戌の日に行うこのイベントは、日本独自のものだそうです。
海外でも似たようなことはするそうですが、「戌の日」を意識しているのは日本だけとのこと。

さて、それでは戌の日の安産祈願はどこで行えばいいのでしょうか?
安産祈願は多くの神社で実施しています。
有名どころだと、八幡宮・子安神社・水天宮などがあります。子安観音・中山寺でもできるそうです。
ご自身の行きやすい近所の神社を選んでみてください。

安産祈願のお参りに行く日ですが、とくに神社に予約などは要らないそうです。
しかし、休日よ戌の日と大安が重なった日は神社に人が殺到します。
お参りするのにかなり待つ可能性があるので、もし待ち時間を避けたい方は
戌の日でない平日でも安産祈願は受けてつけている場合がありますのでそちらを利用することを強くおすすめします。


戌の日の安産祈願には腹帯を用意しておきましょう。
こちらは自分で持って行ってもよいですしない場合は神社で購入することも可能です。
持参した場合でもお清めの際は有料になりますので、留意しておいてください。

腹帯とは、妊婦さんのお腹が大きくなってくるにつれて、お腹を冷えから守ってくれたり、お腹や腰を支えて守ってくれたりするものです。
いわゆるマタニティ用のサポートベルトですね。

一般的な神社ではガードルもお祓いしているそうですが、たまにさらしのみのお祓いをしている場所もあります。
いろいろ心配な方は、事前に神社に電話で聞いてみるのがいいと思います。


戌の日の安産祈願はいつするものなの?


それでは戌の日はいつなのか、具体的な日付を書いていきましょう。
戌の日は干支の中で11番目で、12日に1回、戌の日が回ってきます。

しかし前述したように、必ずしもこの日にお参りに行かなければダメ、ということはありません。
妊婦さんの体調やご家族の都合を考慮して、行きやすい日に行ってください。
妊娠して5ヶ月目の戌の日をチェックしておいて、それに間に合うように神社で参拝できれば大丈夫だそうです。

いずれにしても「安産を願う気持ち」が大切です。
くれぐれも妊婦さんは無理しないように、体調を見て安産祈願しに行ってくださいね。


スポンサーリンク




戌の日の安産祈願の初穂料って何?いくら包むの?


それでは神社へ納める「初穂料(はつほりょう)」について見ていきましょう。
初穂料とは、神様に祈りを捧げる際に初穂を捧げてきたことが由来で今でも神社に納める金銭のことを初穂料と呼ぶんだそうです。

神社で祝詞をあげてもらったり、祈祷を受ける場合は神社への謝礼として白赤蝶結びの熨斗袋に入れてお渡ししてください。
ない場合は白い封筒でも可だそうです。

表書きは「初穂料」「御初穂料」などと書いてください。
のし袋に入れるときは、水引は蝶結びのものをチョイスします。
のしは、なくでも構わないそうです。

神社に払う初穂料は、そのときに祈祷する内容によっても変わってきますが安産祈願の場合は5,000円くらいが相場です。
もちろん規模や神社との関係性でも変わってきますが、これくらいを目安に考えてみてください。


まとめ


今回は安産祈願にまつわることを調べてまいりました。
神社やお寺に関する「決まりごと」って気軽に聞けない雰囲気にありますから事前にしっかりわからないことは調べていくのが無難ですよね。

神社への参拝は縁起を第一に考えてみなさん行かれますから、もし混み合うのが嫌な方はやはり大安や休日を避けたほうがいいでしょう。
妊婦さんに無理をさせてはいけませんから、ぜひ周りのご家族がいちばんに気づいて配慮してあげてくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ