朝のコーヒーの健康効果とは?効果的な飲み方・ダメな飲み方を解説!

朝 コーヒー 健康

朝食に加えてコーヒーを飲んでいる方は多いんじゃないでしょうか。
朝の一杯ってすごく気持ちよく飲めますよね。

コーヒーの健康効果ってどれほどのものがあるのでしょうか?
今回は朝に飲むコーヒーについて、その効能を調査してみました。
飲み方にもいろいろあるとのことで、ぜひこの記事を読んで明日からの朝コーヒーの参考にしていただきたいと思います。


スポンサーリンク




朝のコーヒーにはこれだけの健康効果がある!


それではコーヒーを飲むことによって得られる健康効果をご紹介していきましょう。
まずは眠気を防ぐことが出来ます。
これはほとんどの方が知っているコーヒーの効能ではないでしょうか。

コーヒーには「カフェイン」という物質が含まれていて、これが眠気を取り払って、仕事や勉強の効率を上げてくれるのです。

よって朝一番にコーヒーを飲むことによって、午前中の活動を快活に・パワフルに行うことができるんですね。
これは非常にありがたい効果ですね。

またカフェインは脂肪細胞の中に入っていって、脂肪を分解してくれる働きもあります。
体内に取り込まれていって、体内に蓄積している脂肪に直接働いて分解を促進・そして血中に脂肪酸として吸収するような効果をもたらします。
コーヒーそのものには一切カロリーがありませんから、朝食に牛乳やジュースを飲んでいた人がその代わりにコーヒーを飲めばダイエット効果も期待できるんですね。


さらに最近の研究で、コーヒーには1000種類以上もの抗酸化物質が含まれているということがわかりました。
これらの物質の効果によって、肥満や健康障害を防ぐことができるんです。

朝に一杯コーヒーを飲むだけで、元気に働くことができさらに病気や体の不調も防げるなんて、いいこと尽くしですよね。


朝のコーヒーの効果的な飲み方とは?


朝のコーヒーを飲むタイミングで、いちばんおすすめなのは朝食後に飲むことです。

コーヒーには胃酸の分泌を促進して体内に取り込んだ食べ物の消化を助けてくれる効果もあります。
なので食後にコーヒーを飲めば、滞りなくスムーズに胃の中のモノを消化していけるということにつばがります。

とくに胃がもたれがち・消化不良を感じているという方は朝食後に一杯、コーヒーを飲んでみてはいかがでしょうか?


スポンサーリンク




朝のコーヒー、ダメな飲み方とは?


朝、コーヒーを飲むことは体にとてもいいことはわかりましたが、注意して欲しいコーヒーの飲み方があります。

それは、朝食を取らずにコーヒーだけ飲むという場合です。
朝に時間がなくてこういったことをしている方は結構いるんじゃないでしょうか?
実はこの「コーヒーだけ」というのはあまりオススメできません。

なぜなら胃がカラッポの状態でコーヒーを飲むと、胃酸だけがいたずらに放出されてしまい、結果、胃を痛めるということになってしまうからです。

どうしても朝はモノを食べる気にならない、という方はコーヒーにミルクや砂糖をプラスしてみてください。
これによってミルクが胃をやさしくコーティングして砂糖の糖分が働くためのエネルギー源になってくれます。


もう一つはアイスで飲むことです。
コーヒーはできるだけホットの状態で飲むことをおすすめします。

そのほうが五感の働きを活発化させ、より高いリラックス効果を得られるからです。
もちろんコーヒーに含まれる成分には影響はありませんが、「コーヒーを気分転換や心の休憩に利用している」という方はぜひホットで飲んでくださいね。

そしてコーヒーには利尿作用があります。
なので飲み過ぎると体の中の水分がどんどん外に放出されてしまうのです。
おいしいコーヒーを何倍も飲みたい、という方もいるかもしれませんが朝のコーヒーはせいぜい1~2杯に留めておきましょう。

またカフェインは弱っている胃に対しては攻撃性を働かせてしまうので体調がすぐれない・飲み過ぎで二日酔い状態なんて方は控えたほうがいいと思います。


まとめ


コーヒーを朝に飲む効果についてまとめてみました。
いつ飲んでもおいしいですが、朝に飲むと、なぜかとりわけ美味しく感じるは私だけでしょうか。?

コーヒーを飲んでいるとついつい甘いものもいっしょに食べたくなりますが食べすぎにはやっぱり注意が必要です。
朝コーヒーで素敵で元気な一日を過ごしてみてくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ