ブラインドタッチの練習方法!おすすめフリーソフト&ゲームはこれ

ブラインドタッチ 練習 方法

現代人にとって、パソコンは欠かせない存在になってきました。
一家に一台どころか、今や一人一台の時代ですよね。

パソコンをより効率的に操作するにあたって、ぜひ習得しておきたいもの、それはブラインドタッチです。
ブラインドタッチとはキーボードを見ないでタイピングをすることで、これができるようになれば、仕事や作業も今よりもっと早く終わるはずです。

今回はそんなブラインドタッチの練習方法をご紹介していきます。
練習すれば誰でもできるようになりますよ!


スポンサーリンク




ブラインドタッチの練習方法とは?上達のコツを伝授します!


ブラインドタッチを極めるのに欠かせないのは「ホームポジション」です。
まずは「ホームポジション」をマスターしましょう。

ホームポジションとは、自分の指をキーボードに置く時の「基準となる形」のことです。
ブラインドタッチはどのキーをどの指でタイピングするかが決まっていますので、あとはキー配列を覚えるだけなんです。

ではホームポジションの解説をしましょう。
まずは中段の一番基本となるホームポジションの形を覚えましょう。

左手人差し指を「F」、右手人差し指を「J」に置きます。
すると、左手は自然に「A」「S」「D」「F」、右手は「J」「K」「L」「;」に配置されますよね。
これが中段のホームポジションで、ブラインドタッチの基本となる形です。
この時、真ん中に「G」と「H」が余りますが、「G」は左手人差し指、「H」は右手人差し指でタイピングします。


親指は基本フリーで、スペースキーを押す時に使います。
漢字変換もそうですね。

さて、ここで、気づいたかと思いますが、「F」と「J」のキーだけ、なにか突起がついていると思います。
これはキーボードを見なくてもさっとホームポジションに戻れるように付いている印なんですね。
この突起を探して人差し指を置けば自然に中段のホームポジションになるというわけです。


そしてこの形のまま、上下にずらします。
上に行くと、左手人差し指は「R」になります。
すると自動的に左手は「Q」「W」「E」「R」の位置に来ますね。
右手の場合は、人差し指は「U」、順番に「I」「O」「P」となります。

そして中段同様、真ん中の余ったキー、「T」は右手人差し指、「U」は左手人差し指でタイピングします。


さらに上に行くと数字のキーですね。
左手は人差し指を「4」に置いて、「3」「2」「1」、右手は人差し指を「7」に置いて、「8」「9」「0」となります。


そして中段から下に下がると、左手は人差し指から順番に、「V」「C」「X」「Z」右手は「M」「,」「.」「/」になります。
「B」「M」もそれぞれの人差し指になります。


ホームポジションの詳しい位置は下記リンクより確認してくださいね。
ホームポジションを画像で検索する


ブラインドタッチの全ての基本は中段の「ホームポジション」になります。
ここから上下にずらして、目的のキーを決められた指でタイピングします。
ですので、キーボードを見なくても正確にタイピングすることができるという訳です。


練習方法としては、始めの内は必ずキーをタッチしたら中段のホームポジションに戻って、打ちたいキーを探して担当の指でタッチする、という練習になります。
まずはアルファベットを一文字ずつ、どこにあるのかを覚えながら、どこ指でタッチするのかを徹底的に覚える練習からです。

アルファベットの位置を覚えたら、ローマ字入力のタイピングに挑戦していきましょう。
手元を見ないで、一通りローマ字入力をできるようになれば後は速度と正確性を増していく練習になります。


ブラインドタッチを練習するのにおすすめのフリーソフトをご紹介


とにかくブラインドタッチは練習していくしか上達への方法はありません。
すべては慣れからはじまると言い切れます。

そこで、キータッチに慣れるためにおすすめのフリーソフトをご紹介します。
ダウンロードも無料ですし、ぜひご自分のパソコンにインストールして練習に励んでみてくださいね。


■タイピングステーション

1文字ずつだったり、単語入力だったりさまざまな難易度で練習することができるのがこのソフトです。
初心者から上級者まで、楽しく利用することができます。
非常にシンプルなソフトです。
タイピングステーションのダウンロードはこちら


■rkTTT

ブラインドタッチができるように、指使いの説明が参照できるソフトです。
テストモードを使えば、自分がどれくらい上達したかを試すこともできます。
少しずつレベルアップしていきたい人におすすめです。
rkTTTのダウンロードはこちら


他にも探せばいくつかありますが、タイピングのフリーソフトではまず基本を練習するのがいいと思います。
アルファベット1文字 → ローマ字1文字 → 簡単な単語 → 簡単な文章とステップアップしていくのがおすすめです。


スポンサーリンク




ブラインドタッチ練習にも最適なゲームおすすめ


せっかくのブラインドタッチの練習ですから、淡々とキーボードに打ち込んでいくよりも楽しみながら上達していきたいですよね。
そんな方にぜひやってみてほしいのが、ブラインドタッチのフリーゲームです。

タイピングのソフトとは違って、単純に文字入力するだけでなくゲームの要素をふんだんに盛り込んだ仕様になっています。
飽きっぽい方にはゲームでのタイピング練習がおすすめです。
上手になってくると、どんどん上のスコアを目指せるようになりますし、友人と競ったりランキング登録もできたりするので、熱中しますよ。

それでは何点かご紹介していきます。


■寿司打

こちらはお寿司屋を舞台にしたゲームです。
カウンターから出てくるネタに乗ったワードをひたすらタイピングしていくといったゲームとなっています。
回転寿司から出てくるネタが可愛いのと、お皿が流れてくる感じの緊迫感がなんとも賑やかで楽しいゲームです。
WEB上のFLASHゲームですので、パソコンへのインストールは不要で、どこからでもすぐに楽しめるのが特徴です。
寿司打はこちら


■○zawa-ken

このゲームは、格闘ゲームとタイピングがコラボしたものです。
正しい文字入力をすると、敵が倒せるといったシステムになっています。
学生、とくに男子学生に人気のあるゲームとなっています。
○zawa-kenのダウンロードはこちら


まとめ


ブラインドタッチはホームポジションとキー配列さえ覚えれば、あとはひたすら練習あるのみです。
今回紹介したフリーソフトやタイピングゲームをやっていけば、自然と速く打てるようになるでしょう。

楽しみながら継続するのが上達への道です。
特に寿司打は多くの方が参加していて、気軽にランキングに参加できたりするのでおすすめですよ。


ブラインドタッチをマスターして、ぜひ日常のパソコン作業を効率よくしてみたくださいね。
きっとあなたの役に立つはずです。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ