逆上がりの練習方法・コツとは?タオルを使った方法・家での練習方法

逆上がり 練習 方法

小学生になると体育の授業で鉄棒も始まりますよね。
そして小学生にとって、鉄棒の逆上がりは、一つの大きな目標ではないでしょうか。

子供によってはなかなか難しいと感じる逆上がりですが、コツや練習方法の工夫があれば、より一層逆上がりを早くマスターできるのです。
今回はそんな逆上がりのおすすめの練習方法をご紹介していきます。
うちの子供もこれでできるようになりましたよ!


スポンサーリンク




逆上がりが上達する練習方法・コツとは?


鉄棒での逆上がりは、小学校一年生がぶつかりがちな最初の関門です。
さてまず注意したいのが、使用する鉄棒の高さです。

この高さが高すぎたり・低すぎたり、適正でないとできるものもできなくなってしまいます。

小学校では高さの違う鉄棒が何種類か用意されていることと思いますのでぜひお子さんに合った高さのものを見つけてあげてください。
ベストの高さは腰と胸のちょうど中間くらい高さなんですね。
ちょうどいい高さがないときは、腰よりも低いもので練習しましょう。


次に鉄棒の持ち方です。
みなさんの中で「逆上がりといえば逆手に持ってやるもの」というイメージを持っている方ってけっこう多いんじゃないでしょうか?

実はこの認識、間違いなんです。
とある教育大学の実験で、逆手よりも順手(上から掴む)の方が逆上がりがしやすいという結果が出ています。
なので逆上がりはまず順手で行うのが正しいと言えるのです。


それでは実際に逆上がりの練習に入っていきましょう。
まず逆上がりが出来ない子にありがちなのが、蹴り出した足を前方へ出してしまうということが挙げられます。

これでは回転に必要な力が得られません。
なので足は自分の頭上を蹴り上げるような感覚で出すとうまく回れます。
小学校にある逆上がり補助器や、大人のひざを使って蹴り上げる感覚を覚えさせてあげてください。

これらのコツを心得て練習に望めば、きっと近いうちに逆上がりがマスターできるはずです。

逆上がりの練習動画を一つご紹介しますので、こちらも参考にしてみてくださいね。



逆上がりの上達のコツはまずは家から!


実は逆上がりはマット運動の延長であるとも言われています。
なので逆上がりがうまくできない子供は、まずはマット上での回転や体の使い方を学ぶと上達へつながるでしょう。

自宅ではベッドのマットレスや布団の上で行うことができます。
雨の日や夜など、鉄棒が使えない時間はぜひ自主練習してみてくださいね。

おすすめなのは「だるま抱き」というマット運動です。
体育座りをして、両腕でひざを抱え込むような姿勢になります。
この状態で後ろにゴローンと背中から倒れてください。

そしてまた元の位置に戻るように起き上がります。
このとき、手はぜったいに解かないこと。
体を使って、背中をローリングさせるように起き上がります。

腹筋や背筋が弱いと、この起き上り運動はなかなかできません。
逆上がりでも腹筋・背筋は使う場所なので、ここをある程度だるま抱きで鍛えれば逆上がりがうまくいくようになるでしょう。


スポンサーリンク




逆上がりの効果的な練習方法!タオルを使った方法とは?


最後にタオルを使った逆上がり練習法をご紹介します。
用意するのは、手ぬぐいタイプのタオルです。
80センチくらいの長さがあるタオルでしたら、どんなものでもかまいません。

これを一枚用意して、腰に回します。
そして両はしを鉄棒にかけてタオルの上から手でつかみます。
この状態で逆上がりに挑戦してみてください。

タオルが腰を支えて、回転を上手に自然に促してくれます。
そして子供が陥りがちな「鉄棒と離れすぐてしまう」といった現象も起きません。
タオルのおかげで体がピッタリ鉄棒に密着します。

これで逆上がりの感覚をつかめれば、もうマスターする日は近いです。
蹴り上げを思い切ってできれば、すぐにタオルなしでも逆上がりできるようになるでしょう。

タオルを使用した練習方法は、若干すべりやすいので保護者や先生たちは注意して見ていてあげてくださいね。

参考動画も載せておきますので、よかったら見てみてください。



まとめ


逆上がりって新一年生にとってはなかなか難しいんですよね。
たくさん繰り返し練習するのももちろんなんですが、しっかりコツをつかんで質の良い練習をすること上達への近道になりそうですね。

逆上がりができなくて悩んでいるお子さんにはぜひ上記で挙げた方法やコツを伝授してあげてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ