こむら返り(足がつる)の原因とは?つった時の治し方や予防方法も!

足 つる 原因

皆さん、足がよく「つる」ということはありませんか?

激しい運動をした時、夜中寝ている時、朝方など、誰でも足がつるというのを経験したことはあるのではないでしょうか。
特にふくらはぎがつる「こむら返り」という現象、あれってとても痛いんですよね。
痛くてしばらく動けないほどです。

今回は足のつり、特にこむら返りについて、なぜ起こるのか、つった時の対処方法や足がつらないようにする予防方法などを解説していきます。
よく足がつって困っている方は必見です。


スポンサーリンク




足がつる原因とは?特に朝方や睡眠時に起きやすいこむら返りの理由は?


そもそもなぜ足がつってしまうのでしょうか?

主な原因として考えられているのは、筋肉の疲労・ミネラルバランスの乱れなどが言われています。
さらに血行不良や病気による影響もある、とも言われています。
ただ、これが足がつるのは原因だ!とははっきりとは言えないそうなんですね。


しかし、中でも特に原因として有力なのは、ミネラルバランスの乱れです。
この根底にあるのは水分不足や栄養不足だそうですが、これによって足がつりやすくなる体質に変化していってしまうそうです。

さらに中高年になると尿といっしょにミネラルが放出されてしまうので足をつりやすくなる傾向にあるんですね。
40代、50代になってくると特に注意が必要です。


そして足がつるという現象の中でも特によくあるのがふくらはぎに強烈な痛みが走る「こむら返り」
こむら返りとは、夜中に寝ている時や朝方によく起こる現象として、誰しも経験があるのではないでしょうか。

こむら返りはふくらはぎがつる現象のことを指しますが、「つる」というより「痙攣」に近い症状とも言えるかもしれません。

こむら返りにも、先ほど述べた「足がつる」ことと同じ原因が考えられるのですが具体的に「絶対にこれが原因である」というものは今のところ見つかっていないそうです。

ただ傾向としては、
・年配の人に起こることが多い
・運動した次の日に起こりがち
・寒い日にはこむら返りになる頻度が高まる

といった調査報告があるようです。

そして、寝ている時や朝方など、つま先をピンと伸ばして伸びをした時に起こりやすい現象でもあります。
これらのことから、筋肉の電子信号の不具合や冷えによる血行不良が大きく関わっていると考えられます。


足がつる・こむら返りの治し方とは?つった時に痛みを和らげる方法


それでは足がつったりこむら返りになったとき、どんな風に対処していけばいいのでしょうか?

いちばんおすすめなのは、患部を温めることです。
足がつるのは冷えて血行不良に陥っている可能性が高いので、つった部分にホッカイロなどを当てて、直接温度を上げるのがいいでしょう。

とくに冬の寒い季節には足がつりやすい傾向にあります。
普段から足がつりやすいくて困っている人は、ホッカイロを常備しておくなど患部を温めるころができるようにしておくのがよいでしょう。


また、物理的な力を加えて解消させることも良い解消法です。
特にふくらはぎがつる「こむら返り」になってしまった場合は、アキレス腱を伸ばすストレッチが有効です。

わかりやすい動画もありますので、こちらを参考にしてみてもいいでしょう。


つま先をピンと伸ばさずに、足首をグッと曲げた状態で力を入れてあげると、ふくらはぎの痛みが和らぎます。


スポンサーリンク




足がつる・こむら返りを予防する方法とは?


それでは足がつることを防止するには、どうすればいいのでしょうか。
やはり食生活を改善することが、予防法の最たるものになります。
食生活を改善することで、ミネラル不足と冷え性を解消することが目的です。


ミネラル不足を解消するために、豊富に含んだ食材をご紹介します。
ミネラルはカルシウム・鉄・マグネシウムなどを具体的には指します。

カルシウムは牛乳・ヨーグルト・チーズ・海藻類などに、鉄分は牛肉・レバー・納豆などに、マグネシウムは海藻類・豆類・ココアなどに多く含まれています。

これらの食材をバランスよく摂るようにしてください。
食事で摂れない場合は、サプリメントをうまく活用していくのも手です。
ドラッグストアやコンビニで簡単に手に入りますので、探してみてください。

そして体を冷やさないようにするのもぜひやっていただきたい対策です。
冷え取りの靴下をはく、ホッカイロを貼る、代謝を上げるように運動するなどがおすすめの方法です。

冷え性に効果がある食材としてはやっぱり生姜がおすすめです。
食事のちょっとした味付けに生姜をつけたり、紅茶に生姜を入れたりお好みでアレンジしていってほしいと思います。


まとめ


今回は足がつったときの対処や予防法を紹介しました。
特に私も多いのが、朝方寝起きに足を思いっきりピン!と伸ばした時にこむら返りを起こして激痛で悶絶する、ということもよく経験しています。

足がつったときの対処方法を是非実践してみてくださいね。
そして食事や生活習慣を見なおして、ミネラル不足・冷え性を解消することで足がつるのを防ぐことができるし、それ以外にも健康な体になるので、是非試して欲しいと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ