油性マジックの落とし方!大切な服についた油性マジックはどう落とす?

油性マジック 落とし方 服

いつまでも着たい大事な服、誰にでも一着はありますよね。
そんな大切な服にマジックがついてしまった、しかも油性で落ちるかわからないなんてことになったらさぁ大変です。

今回は洋服に油性マジックの汚れがついてしまった時の対処法を詳しく解説します。
いざというときのためにぜひこの記事を読んで対策を知っておきましょう。
知っていて損はないので、ぜひ頭の片隅に置いておいてくださいね。


スポンサーリンク




服についた油性マジックを綺麗に落とす方法とは?


それでは具体的に、油性マジックのシミ・汚れを落とす方法を紹介していきます。

まずは消毒用のエタノールを使う方法です。
消毒用エタノールは薬局などで買うことができますので、ご家庭にない方は探してみてください。
マニキュアを落とす除光液でも代用が効きますのでそれでも可です。

まずエタノールを染み込ませた布で、洋服の汚れた部分を拭いていきます。
むやみにこすると汚れが広がってしまいますので、出来れば上からトントンと叩くような感じで吹いていきましょう。

布に汚れがつかなくなるまで拭いたら完了です。
これで完璧に汚れが落ちなかったら、もうこの方法ではこれ以上落ちません。
次の方法へと移行してください。

お次も消毒用エタノールを使った汚れ落としです。
先ほどとは違い、溶液を上から少量ずつたらして当て布をして裏からトントン叩きます。
当て布に汚れを移していくイメージです。
ある程度当て布が汚れてきたら、また新しいものに取り換えましょう。
これをひたすら繰り返していきます。

これも当て布に汚れが移らなくなったら終了です。
それ以上は服の汚れは落ちないものと思ってください。


そしてもっと原始的な方法で汚れを落とすこともできます。
使用するのは消しゴムです。
やり方は非常に簡単で、汚れた部分を消しゴムでこするだけです。
消しゴムの摩擦によって意外にきれいに汚れが落ちていきますよ。
これもぜひ試してみてください。

その他、クレンジングオイル・日焼け止めクリーム・柑橘系果物の皮など様々なものでも代用できます。


しかし注意したいのは、他の部分への汚れの飛び火です。
汚れの移りを最小限にするためにはしっかり当て布などの処置をしてくださいね。

そして一番気をつけたい点は、洋服の色落ちです。
せっかく汚れが落ちても、洋服の色や柄まで一緒に落ちてしまったなんてことになったら大変です。

エタノールた除光液など、アルコール成分が入ったものは比較的色落ちしやすいので、気になる方は使用を控えましょう。

できれば柑橘系果物の皮など、自然派のモノから試してみるのがいちばんベストな汚れ落としの手順です。


スポンサーリンク




服についた油性マジックを落とすのにクリーニングは有効か?



自宅でセルフ汚れ落としする方法の次は、クリーニングなどの業者にマジックの汚れ落としを頼む場合について話していきます。

いくら洋服汚れの専門科と言えども、油性マジックの汚れに関してはどうなのでしょうか?

結果から言うと、しっかり落としてくれます!
さすがプロですね。

クリーニング屋さんでは「ドライクリーニング」という方法でマジックのシミ・汚れを落としてくれます。
石油を使った汚れ落としです。

この方法ならば確実に油性マジックの汚れは落ちます。
クリーニング屋にもよりますが、相場は汚れ1つでだいたい100~300円程度です。
自分ではどうしてもマジック汚れは落とせないという方はぜひクリーニング屋さんに相談してみてくださいね。


まとめ


今回は油性マジックの汚れが洋服についてしまったときの対処法について見ていきました。
子供にマジックを使わせていると、ちょっと目を離したスキに洋服に汚れがついてしまった~なんてことありますよね。

大切な洋服だったらなおのことショックです。
ぜひ今回紹介した方法を試してみて、きれいな状態の洋服に戻すようがんばってみてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ