体温を上げるとどんな効果があるの?体温を上げる方法や食べ物とは?

体温 上げる 効果

寒くなってくると暖房器具や厚着をして体を温めることに必死になってしまいますよね。
もちろんそれで冬をしのいでもいいのですが、できれば体の芯から温まるような方法があればなおいいですよね。

今回は体温を上げるような方法を中心に、詳しく解説していきます。
体温を上げることによって私たちはどう健康になっていくのでしょうか?
そのあたりにもスポットライトを当ててみました。


スポンサーリンク




体温を上げることでどんな健康効果が得られる?


体温があがると、どんな健康的な効果を得られるのでしょうか。
まずは知っておきたいのは、体温が高い=基礎代謝が高いということ。

基礎代謝というのは何も運動していなくても日常生活を送っているだけで消費していくカロリーをさします。
これが高いと、まず痩せやすい体を得ることができます。

普段ダイエットしていてもなかなか体重が落ちない・痩せないとお悩みの方は実は代謝が低く、他人と比べて消費カロリーが少ないということが多々あります。
まずはご自身の代謝量や体温を上げることを目指していただきたいです。

そして代謝がいいと、体内の循環もよくなります。
とくに血液は、循環が悪いと健康被害を及ぼしていきます。
最悪の場合、血栓ができることも珍しくありません。

体温を高く保つことは、血液循環を良好に維持できている証拠です。
体温を上げて代謝を良くしていけば、冷え性や寒がりで悩んでいる人にとっても改善の兆しになることでしょう。


体温を上げる方法とは?


体温を上げるにはいろいろな方法があります。
いちばん即効性があって、効果的なのはやはり運動をすることです。


運動によって体の基礎代謝はどんどん上がっていって、その結果体温も上がるのです。

基礎代謝を上げるにはウォーキングやマラソンなどの有酸素運動をしないといけないイメージがありますが、実はそんなことはないのです。
筋肉をつけるような運動であれば、なんでもOK。

筋肉は脂肪よりもグラムあたりの代謝量が大きいんですね。
運動そのものよりも、運動することによって得られる筋肉というのが体温・代謝を上げるうえで重要になってくるのです。

毎日忙しくてなかなか運動する機会がつくれない、という方はまずは自宅で毎日少しずつ筋トレをしてみてください。
きっと代謝が上がって痩せやすく健康な体を手に入れられます。

入浴も体温を上げる方法のうちの一つです。
湯船につからずに、シャワーだけですましている方も多いでしょうがやはりしっかりお風呂につかるというのは重要なのです。

湯船に10分つかれば体温が1℃上昇すると言われています。
毎日は無理でも、週に2~3回は湯船につかるようにしてくださいね。


スポンサーリンク




体温を上げる食べ物とは?


やはり体温を上げる食べ物の代表格といえば生姜です。
生姜に含まれる辛味成分が、体の体温上昇を手伝ってくれると言われています。

生姜の調理方法は生姜焼きや煮物など、幅広いバリエーションがあります。
すぐに摂取できる方法としては、すりおろした生姜を紅茶に入れて飲むというのもオススメです。

こちらの記事もどうぞ
生姜紅茶ってどんな効果があるの? 風邪予防にもなるって本当?

生姜は意外にもスイーツと相性もいいのです。
パンケーキやチョコレートをつくるときに、混ぜてもおいしくいただけます。

生姜は体温上昇だけでなく、栄養素豊富な食材なので健康増進という面ではとても優秀な食べ物です。
これからの季節は栄養不足で免疫が低下することが多くなります。
ぜひショウガのパワーを借りて、健康に冬を乗り切っていきましょう。


まとめ


体温を上げるとこんなに嬉しい効果がたくさん出てくるのですね。
日常のちょっとして努力や工夫で、こんなに健康増進できるのは嬉しいの一言。

とくに女性は冷え性だったりダイエットに励む人が多いので、この記事で紹介した体温上昇法をぜひ実践してもらいたいですね。
体温を上げてポカポカな毎日を送りましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ