ハチミツが固まる原因と溶かし方・戻し方とは?固まらない方法ってある?

金色に輝くあま~い液体、ハチミツ♪

焼いたパンに塗ってよし、ヨーグルトに入れてよし、なんであんなに美味しいのでしょう?
私はお砂糖のかわりに料理に使うことも多く、コクが出ていつもより美味しく感じます。

そんな大好きなハチミツですが、不満が1つ。
それはいざ使おうと思ったときに白く固まっていること!

ハチミツが固まる原因と溶かし方・戻し方とは?固まらない方法ってある?


それも少なくなってからが多く、底の方に固まっていて取り出しずらいこともしばしば。
温めて溶かしてみたものの、なんだか固まりが残っているし、数日経つと元通りに。

そもそも固まったハチミツは品質的に問題ないのか気になるところでもあります。


みなさんもこんな経験あるのでは?

一度固まってしまったハチミツを元のとろ~んとした状態に戻す方法ってあるのでしょうか?
また、固まりにくくする保存方法があれば試してみたいですよね。

美味しいハチミツを長く楽しむためのコツ、ご紹介します。


スポンサーリンク




ハチミツが固まって結晶化してしまう原因とは?


ハチミツとは、その名の通り蜂が花の蜜を採集して、巣の中で加工したもので、ほとんどが糖分でできています。
花の種類によって味や香りが異なるのも特徴です。

ハチミツをが固まり、結晶化させているのは、ハチミツの成分であるブドウ糖と、ハチミツに含まれる花粉が原因。
一般にブドウ糖成分が多いほど結晶化しやすくなり、特に色の濃いハチミツは結晶化しやすいそうです。

目にはほとんど見えませんが、この花粉を核として結晶ができていき、次第に白く固まってみえるようになります。

このように白くなるのは天然のハチミツの特性でもあり、品質にはなんの問題もありません
しかしながら、結晶が含まれるためそのままだと固くて扱いにくいうえ、ザラザラとした舌触りになってしまいます。


どんなときに結晶化しやすくなるの?


ハチミツが結晶化しやすくなるのは以下の場合が挙げられます。

・外気温が15~16℃以下になった場合
・長期保存した場合
・保管場所の気温差が生じた場合


冬は結晶化しやすい季節といえますね。


固まってしまったはちみつを綺麗に溶かして元に戻す方法とは?


ハチミツは固まっても味や風味、品質には問題ありませんが、扱いにくくなるのが難点。
焼きたてのパンにとろ~んと垂らして楽しみたい!

そこで固まったハチミツを綺麗に溶かす方法がないか調べてみました。


電子レンジでチン!


まずはお手軽な方法から。
固まってしまったハチミツを、電子レンジで加熱して溶かす方法です。

結晶化したハチミツは温めることで液状に戻すことができます。
急いでいるときは、使う分だけ電子レンジで温めると、手軽に元の状態に戻すことができますよ。


ただ、電子レンジはお手軽な反面デメリットも。

ハチミツはあまり高温で加熱すると、風味や栄養価が変化してしまいます。
そのため電子レンジで加熱すると、熱が加わり過ぎて風味低下の原因にも。。。

対策として、使用する電子レンジに温度設定機能がある場合は「45℃」ぐらいに設定して温めて下さい。
ない場合は30秒ほどの短い時間から温めてみて、様子をみながら調整すると失敗しにくいでしょう。

また、電子レンジはその構造から温めるものによっては熱のかかりかたにムラがあります。
時々かき混ぜながら温めましょう。


湯せんでじっくり溶かす


この方法はハチミツメーカーのほとんどが推奨している溶かし方です。

方法はさほど難しくありません。
まず鍋に50℃~60℃ぐらいのぬるめのお湯を用意します。
そこに、ハチミツの容器ごと蓋を外した状態で入れるだけです。

ハチミツの量や結晶状態によって溶ける速さは変わりますが、30分ほどで元の状態に戻りますよ。

ポイントとしては、ハチミツをゆっくり混ぜながら温めること。
そうすることで、結晶が溶けやすくなるためです。

ハチミツが固まる原因と溶かし方・戻し方とは?固まらない方法ってある?


デメリットとしては、手間と時間がかかる作業なので急いでいるときには向いていないという点です。

私のオススメは、手間はかかりますが、湯せんで溶かす方法です。
電子レンジも試してみましたが、ザラザラとした舌触りが残ったり、温度調整がとても難しかったためです。

また、完全に結晶を溶かしておくことで、結晶化しにくくなるのでぜひ試してみて下さいね。


スポンサーリンク




ハチミツが固まらないようにするための保存方法は?


ハチミツの保存方法として、ほとんどのメーカーが推奨しているのは「冷暗所での常温保存」です。
冷蔵庫の保存は、結晶化しやすくなるのでお勧めしていないようです。


ハチミツの花の種類によっては結晶化しにくいものがあるのでそういった種類のハチミツを選ぶこともお勧めしています。
例えば、アカシアやリンゴのハチミツは結晶化しにくい種類です。
これは結晶化する原因の1つであるブドウ糖の割合が低いからなのだとか。

ハチミツの結晶化は避けられないのでしょうか?
実は、裏技があります。

それは「冷凍庫」保存

一般家庭の冷凍庫の温度は-18℃ほど。
ハチミツが結晶化しやすい温度は、5~14℃のため、冷凍庫では逆に結晶化しにくくなるんです!

「冷凍庫なんてカチカチに凍ってしまうのでは?!」

なんて心配も無用。
ハチミツの凍る温度は-20℃~-25℃ほどと非常に低い温度なので家庭の冷凍庫に入れたぐらいでは凍らないんです。

とはいえ、とろ~んとした状態がキープされるというわけでもなく、若干硬くなってしまいます。
例えるなら、硬めの水あめ程度でしょうか。

パンに塗るのには硬いので、使う量だけ取って常温に戻してから使うとよいでしょう。


まとめ


ビタミンやアミノ酸などの美容成分を多く含み、健康効果も高いハチミツはどこの家庭にも1本は常備されているのではないでしょうか。

とはいえその特性ゆえに、いざ使おうとすると白く固まってる困り者でもあります。

今回ご紹介した方法は、そんな固まったハチミツも簡単・手軽に元通りとろ~んとさせてしまうものばかりでしたね。

とはいえ何度も繰り返し温めていると、風味が落ちやすくなってしまうようですので、ハチミツを購入するときはなるべく小さなサイズのものを選ぶことをオススメします。

美味しいハチミツで、健康で豊かな食生活を作っていきましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ